年中、鼻がもぞもぞムズムズ、突然くしゃみ連発!

ズルズルになったらもう止まらない。。この辛さよ〜くわかる人も多いのでは。


でも私は、じゃばらのサプリ「くしゃみとおじゃらば」を飲みだしてから楽になりました^o^/

それでは「じゃばら」って何?と思う人も多いのでは。


鼻ズルズルに効く「じゃばら」って何?


以下はウィキペディアからの抜粋です。
じゃばらはミカン属の柑橘類の1種
原産地は和歌山県東牟婁郡北山村。強烈な酸味と苦味を生かして、北山村が村おこしに活用している
遅くとも江戸時代の頃より北山村で庭先栽培されてきた
北山村は昭和60年代からジャバラの特産品化を試みたが、成果は芳しくなかった。
2000年には村議会が「このままなら2年後にジャバラ事業から撤退する」と決めた。
当時、島根県在住の女性が毎年20 kgも取り寄せ購入しており、2001年に村職員が理由を尋ねたところ「息子の花粉症に効く」という返答だった。
村がインターネットを使いモニター調査したところ同様の感想が多く、その評判が広がって売り上げが増えた。
上記のように、じゃばらが花粉症などの鼻ズルズルに効くことは、一般の人が習慣的に食していてわかったことらしい。

以来、研究され、じゃばらにはナリルチン(ポリフェノール)が大量に含まれ、これが鼻ズルズルを抑制するのに役立つことが判明したのですね。

和歌山市の研究開発会社がじゃばら果皮を利用して抗アレルギー組成物の特許を取得しています。


もともとアレルギー体質の私は、

スギ花粉の季節ばかりではなく、年中鼻に不快感があります。

お薬を飲めば治るものの、眠くなるし、いつもいつも薬に頼るのは不安がある。。

そんな時にネットで見つけたのが、じゃばらから作ったサプリ「くしゃみとおじゃらば」です。

これを飲みだしてから、いつの間にか症状が改善されていました。

「くしゃみとおじゃらば」はまさに私の救世主、年中鼻ズルズル状態から脱出できました。


「くしゃみとおじゃらば」が鼻ズルズルに効くしくみ


鼻のムズムズくしゃみ、アトピーのかゆみなどのアレルギー症状は外からの異物に免疫機能が過度に反応して、これを排除しようとする防御作用が原因です。

異物の排除のために体内に放出されるのがヒスタミン、このヒスタミンがアレルギー症状を引き起こします。

ナリルチンにはヒスタミンの放出を抑制させる働きがあることが判明しています。

ちなみにアトピー性皮膚炎も花粉症やアレルギー性鼻炎と同様に、ヒスタミンの過剰な放出が原因ですので「くしゃみとおじゃらば」が効果があります。


くしゃみとおじゃらばの成分


「くしゃみとおじゃらば」はじゃばらからとったナリルチンを含むエキスの他に乳酸菌、甜茶エキス、シソエキスなどをプラスして鼻ズルズルに総合的に効くサプリに仕上げてあります。

全成分:じゃばら粉末、甜茶エキス末、殺菌乳酸菌体、緑茶ポリフェノール、シソエキス末/ゼラチン、ステアリン酸カルシウム、微粒に酸化ケイ素、澱粉


これまでは、鼻ズルズルになるたびに耳鼻科の薬で止めていたのですが、眠くなるし、便秘になったり、のどが渇いたりと、副作用を不安に思いながら飲んでいました。

でも、「くしゃみとおじゃらば」を習慣的に飲んで効果を実感してからは、鼻ズルの頻度は劇的に減りました。

眠くならないし、鼻がスッキリ通るって本当にスガスガシイって実感しています。

ただ、「くしゃみとおじゃらば」はお薬と違います、なので即効性はありません。

数か月間は継続して我慢づよく飲み続けることが大事です。


「くしゃみとおじゃらば」は通販専用のサプリです。

以下の公式サイトから購入できます。


>>>くしゃみとおじゃらば


。。。ページトップへ